乳腺内分泌外科

東京大学医学部附属病院 胃食道・乳腺内分泌外科

胃食道外科

トップページ

教授挨拶

スタッフ紹介

患者さんへ

医療関係者へ

食道癌の集学的治療

集学的治療

 Stage IIよりすすんでしまっている方々には、化学療法や放射線照射を組み合わせた集学的治療をおすすめすることが多いです。詳細は外来担当医にお問い合わせください。

サルベージ手術

人間のからだには一か所にあてられる放射線量に限りがあります。ですので、放射線が効いたからといって、ずっと続けるわけにはいきません。放射線量が極量まで達してしまった後でも、癌が残ってしまった場合、有効な手段は手術による切除のみとなってしまいます。そのような手術をサルベージ手術と呼んでいます。通常の手術に比べて、肺炎などの術後合併症の頻度が高まることが知られています。どこの施設でも行える手術ではなく、高度の技術と経験を必要とします。当科ではサルベージ手術の経験が多く、他施設で放射線化学療法を受けられた方々でも積極的にうけいれています。

 

 

 

 


このページの先頭へ

胃食道・乳腺内分泌外科トップページへ

Copyright © The University of Tokyo Hospital All Rights Reserved.